CHEEKY — 豊崎愛生

すぐに降りる駅も空を見たくて乗り過ごした
あの日話しかけることさえできなかった

望むものはいつも
目を伏せては置き去りにして
うまく笑うこともできるようになってた

きっとこんな風に
明日を決めて歩いてきたけど
私のままならば何を歌おうか?

さみしいよ
なんて言葉言えるわけないし
一人でも強く生きていける私だから

強くかき消すような雨がふれば楽になって
遠く見えた空も
通り過ぎて落ちてた

誰かと同じに生きてゆけばそれでいいけれど
また人波に溺れていく
声が霞むようで

さみしいよ
なんて言葉言えるわけないよ
一人のままいつも笑ってここに居るんだから

咒の言葉を1、2、3、4唱えて
明日はまた来る目を閉じて
いつだってスタートは鏡の前で
変われる気がする

悲しいとか口にすれば何か変わるかな?
笑顔のままうまく生きていける私なのに

さみしいよ口にしたら笑えないじゃない
一人でも強く生きていける私なのに