ラスト・ソング−最後のライト− — 谷村新司

最後のライトは 消さないで
せめて拍手が 終るまで
恋をすることさえも 許されないで
歌い続けてきた私
せめてこの歌は 貴方に

客席にはいつもの 貴方がいて
となりには貴方の 愛する人が
何も知らずに 微笑んでいる

たった一度の あやまちを
貴方は悔やんで いるかしら
たった一度の恋の あやまちだけが
私をささえてくれたのに……

明日から一人で 歩いてく
少しは大人に なれたもの
もう二度と逢わないと 心に決めて
涙みせずに歌うから
せめて心だけ 受け止めて

明日になれば貴方は 祭壇の前で
新しい愛を 永遠に誓う
だから今日までは 私の貴方

最後のライトは 消さないで
せめて拍手が 終るまで
恋をすることさえも 許されないで
歌い続けて行く私
せめてこの歌を 貴方に
せめてこの歌を 貴方に