ラスト・シーン — 西城秀樹

何年でも待つよといったら
あなたはさびしく微笑みながら
そんなことをしたら不幸になるわ
忘れた方がいいという
ありがとう しあわせだったわ
一緒に歩けなくてごめんなさい
あたたかい春の陽ざしの中で
熱があるように ぼくはふるえてた

もう恋などしないといったら
あなたは馬鹿ねとつぶやきながら
そんなことをいって困らせないで
無邪気な方がいいという
ありがとう しあわせだったわ
出来ればもっと早く逢いたかった
にぎやかな街の通りの中で
夢をみたように 僕は泣いていた

にぎやかな街の通りの中で
夢をみたように 僕は泣いていた