センチメンタル・ガール — 西城秀樹

枯葉舞う 公園に
たたずんで 何を想うの
またひとつ 大人になった
またすこし きれいになった

今すぐに かけてこい
ためらわず 僕の胸に
秋風に ふるえてないで
いつでも そばにいるのに

君よ悲しみを ふきとばし
夢に見たような
燃える恋をしよう 抱きしめて
二度と はなさない

夢だけは いつまでも
なくさずに いればいいのさ
それでも さみしい季節
君には 僕が必要さ

君よ風の中 フタリ歩いて行こう
夢をつかむため
君よ倖せは この僕が
すべて あげるから

君よ悲しみを ふきとばし
夢に見たような
燃える恋をしよう 抱きしめて
二度と はなさない
君よ風の中 フタリ歩いて行こう
夢をつかむため
君よ倖せは この僕が
すべて あげるから
君よ悲しみを ふきとばし
夢に見たような
燃える恋をしよう 抱きしめて
二度と はなさない