弱虫 – 藤田麻衣子

私は恐がりで弱虫で
どうしようもない

どんなに思っても
もう終わってしまったこと
受け入れることできずに
逃げ道を探した

今日話した人は
弱音吐いて甘えたがったの
見抜いたように
優しくしてくれてた

もたれ掛かった私の腕を
つかんで目を見て
「そういうのはよくないよ」って
ちゃんと言ってくれた

偽物の温もりよりも
あったかくて厳しくて
嬉しかったその言葉が
この胸に刺さって
広かった熱で
がんじがらめの心
ほどかれたみたいだった

信じられる人を
私はそう
見たかっただけ
次にまた誰かのこと
信じられるように

怯えるよりも疑うよりも
信じてるほうが
笑っているほうがずっとね
私らしいんだった

そろそろ取り戻せるかな
自分自身
前を向こう
張り裂けそうな日もあるよ
でも幸せは待ってる
傷ついても傷ついても
また私は誰かを
好きになりたい

また誰かを
好きになりたい

私は恐がりで強がりで
どうしようもない