友達 — 藤田麻衣子

初めはあなたの
恋愛の相談
聞いたり励ましたりしてた

辛くなった時
なぜか一番にあなたに
話したくなった

気づけば私の方が
支えられてた

あなたが他の女の子と
笑ってる姿見ただけで
どうしてこんな
気持ちになるの
息が苦しいよ
今だって近くにいるのに
それ以上望み始めてる
言えない
だって私は今日も
あなたの友達

待ち合わせをした
冬の帰り道
川沿い二人歩いて

強い北風も
かじかんだ指も
平気だって思える

後ろから来た自転車に
肩引き寄せて
助けてくれた

こういうあなたとの一瞬
また心の奥に残るから
離れた時にも思い出して
胸が苦しいよ
「どうしたの?」って優しい声
他の子にも同じようにするの?
違うって言ってほしいだけだよ
口には出せない

二人の関係が
恋愛に変わることは
ないのなら
このまま胸に
しまっておいた方がいい

あなたが他の女の子と
笑ってる姿見ただけで
どうしてこんな
気持ちになるの
急が苦しいよ
今だって近くにいるのに
それ以上望み始めてる
言えない
だって私は今日も
あなたの友達