さよならがくれたもの — 藤澤ノリマサ

忘れたくて 忘れたくて
想い出にできなくて…
君の髪が その涙が
雨に濡れて滲んでゆく

「さよなら…」と 君はそっと小さな声で呟き
人混みの向こうへと 遠ざかってく

忘れたくて 忘れたくて
想い出にできなくて…
この痛みも この孤独も
雨に打たれて消せたなら

ふたり過ごした日々は今も
こんなに鮮やかなままなのに…

すれ違う人混みに 僕はただ押し流され
時間はもう戻らないと 今 気づいた

忘れないで 忘れないで
想い出を抱きしめて…
君のことが あの笑顔が
胸の奥へ あふれてゆく

離れていても いつも 君が
変わらぬ笑顔であるように…

Ah さよならさえ 季節を越え 僕を変えてゆくから

いつの日にか いつの日にか
想い出に変わるまで…
この切なさ この愛しさ
しっかり 受け止めてく

いつの日にか いつの日にか
想い出に変わるまで…
前を向いて 止まらないで
明日へ 歩き続けてく

忘れないで 忘れないで
想い出になる その日まで