優しい花 — 福井舞

通り過ぎた足跡 流れ込んでくる風
幼い記憶の影 描いていた
今思えばあなたに 出逢う前の私は
あの日浮かべた笑顔 忘れていた

急ぎすぎて 焦りすぎて
置いてきた 小さな花
優しい雨 降り注いで
少し振り向いたよ

その花は 眩しすぎて
一人では 見えなかった
こんな優しく 咲いていたなんて
溢れ出す この想いも
これからは 信じられる
あなたの歩く道に 寄り添っていくんだ

臆病だった夜も 不安がよぎる朝も
あなたと歩くうちに 過ぎ去っていた
手にしたかった今は いつしか育っていた
気付けなかっただけで
咲いていたんだ

あなたへの 想い乗せて
この花を届けたくて
今のすべてに ただ ありがとう
何気ない時間だけで
涙までも止まらなくて
あなたと同じ道を 歩いていくんだ

僅かな時の流れにも すぐに変わってしまう日々
それでもたどり着いた未来がここにあったの
零れ落ちたこの涙は 声にならない
愛してる

その花は 眩し過ぎて
一人では 見えなかった
こんな優しく 咲いていたなんて
溢れ出す この想いも
これからは 信じられる
二人で同じ道を 歩いていくんだ