ぺんてる — 神聖かまってちゃん

放課後はまた蛙道
ゲロゲーロだぜくそがぼくは
ゲロまみれだくそがマジで
どーでもいい
ジャポニカ学習帳に今
ぼくなりに学習した事さ
あーもう人生が完全に狂っちゃっている

ぺんてるにぺんてるに
助けてくださいなんて言えればさぁ
ぺんてるにぺんてるに
助けてくださいいつものくださいな

サイボーグなんだっておばちゃんは
ゲロゲーロなぼくがいても終始
だんまーりと読書しちゃっている
どーでもいい
ぼくは また ぺんてるに 行きました
Lowテンションな文章で結構
雨があがる前に

ぺんてるにぺんてるに
助けてくださいなんて言えればさぁ
ぺんてるにぺんてるに
ぼくの人生をずっと蹴っ飛ばしてみます

1学期、2学期、3学期と
時は、撫ぜて、ぼくはまた
一つ大人になって
二つ大人になって
三つ大人になりました
ぶ厚い風に飲み込まれちゃ
いったい僕はどうなるんだろうと
まだ考えてるのに人生が
ふわっと舞い上がる
あーもう嫌だ、ゆーっくりと
大人になりました
僕は大人になりました
冷たい風に吹かれて
どうしようもない大人になりました
ジャポニカ学習ノートのページがどんどんめくれてく
僕が学んだ事なんて風の中へと消えてゆく
あーもうどうするか
あーもうしらねぇぞ僕は

風に吹かれてしまおう
落ち葉のようになり果てよう
考えて生きてくような価値なんて
どこにあるんだと僕は思うのです
放課後から続く蛙道、どーでもいいやとほざきつつ
どこまでもどこまでも生きたいと
願っているのかよ
殺してやると呟いて 頭を下げて謝った
僕はいつまでもそんな糞ゲロ野郎でさ
あぁもうどうなるか、まぁどうでもいいんですが
僕はぺんてるに行きました
ぺんてるにぺんてるにまた行きました
ぺんてるにぺんてるに買いに行きました
僕はぺんてるに買いに行きたいのです
また、ぺんてるにぺんてるに