そよぐ風の中で — 神聖かまってちゃん

電信柱と話したら
ICチップを入れられんたんだ
きっとね、何かが始まるんだ
この先不安

農薬で身体を流して
洗剤で嘘が花束持った
渋滞してゆく
周りを見てみれば

たまに間違える人がいて
場違いな人に見られて
こっち向いた君の顔は
イかれてよかったんだろ
たまに間違える人がいて
電車ホームに日々飛び込んで
残念だと彼らしく死ねてさ
よかったんだろ

いいとこ彼女は退社して
メンヘラ日和は静かになった
憔悴しきった40の誕生日

たまに間違える人がいて
考えも否定されて
泣きそうな君の顔は
イカれてよかったんだろう
僕はそよぐ風の中で
存在が消えてゆくようさ
泣きそうだよと素直に
言えたらよかったんだろう

たまに間違える人がいて
場違いな人に見られて
こっち向いた君の顔は
イかれてよかったんだろう
僕はそよぐ風の中で
存在が消えてゆくようさ
泣きそうだよと素直に
言えたらよかったんだろう
言えたらよかったんだろう
言えたらよかったんだろう