港が見える丘 — 石原詢子

あなたと二人で来た丘は
港が見える丘
色褪(いろあ)せた桜唯一(ただひと)つ
淋しく咲いていた
船の汽笛(きてき)咽(むせ)び泣けば
チラリホラリと花片(はなびら)
あなたとわたしに降りかかる
春の午後でした

あなたと別れたあの夜は
港が暗い夜
青白い灯り唯一(ただひと)つ
桜を照らしてた
船の汽笛(きてき)消えてゆけば
チラリチラリと花片(はなびら)
泪(なみだ)の雫(しずく)できらめいた
霧(きり)の夜でした

あなたを想(おも)うて来る丘は
港が見える丘
葉桜(はざくら)をそよろ訪(おとず)れる
潮風(しおかぜ)浜の風
船の汽笛(きてき)遠く聞いて
ウツラトロリと見る夢
あなたの口許(くちもと)あの笑顔
淡(あわ)い夢でした