リンゴの唄 — 石原詢子

赤いリンゴに 唇よせて
だまって見ている 青い空
リンゴは何んにも 言わないけれど
リンゴの気持は よく分かる
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ

あの子よい子だ 気立(きだて)のよい子
リンゴによく似た 可愛いい子
誰方(どなた)が言ったか うれしい噂
軽いクシャミも 飛んででる
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ

朝の挨拶(あいさつ) 夕べの別れ
いとしいリンゴに ささやけば
言葉は出さずに 小首(こくび)を曲げて
明日も又(また)ねと 夢見顔(ゆめみがお)
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ

唄いましょうか リンゴの唄を
二人で唄えば なお楽し
みんなで唄えば 尚なお嬉し
リンゴの気持を 伝えよか
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ