ひとり日本海 — 石原詢子

風が髪をそっと撫(な)でる
波のしぶき頬(ほほ)を濡(ぬ)らす
ひとりで身をひく こころも知らず
黄昏(たそがれ)せまる 若狭(わかさ)の海は
あなたの想い出 胸に胸に溢(あふ)れます…
今は辛(つら)いけど いつか忘れます

車窓(まど)が息で白く曇(くも)る
指で好きな名前書くの
消したい消せない おんなの弱さ
風花(かざはな)さむい 能登路(のとじ)を行(ゆ)けば
やさしいぬくもり 欲しく欲しくなるけれど…
二度と戻れない そうよあの愛に

汽車の警笛(きてき)空で哭(な)いた
星がひとつ流れ落ちる
こころの迷いが 溶(と)けてくように
漁火(いさりび)ゆれる 越後(えちご)の旅は
あしたへ出直す 夢の夢の始発駅…
あなたさようなら 強く生きてゆく