トワイライトにひとり – 矢沢永吉

雨あがりの 水たまりを 蹴とばして 走ってくバイク
君を乗せて 飛ばした道を 今はひとり 行くあてもなく

遠い空に 虹が浮かぶ ふたり暮らした 街のほうに
あしたは今日より いい日になるよ
君の口ぐせ こだまする 夕暮れ

この長い 道の先が 君の家に 続いてたら
今なら素直に 愛せるのに
せつないもんだね 生きてゆくって
戻せぬ時間ばかりが まぶしいよ