37.0℃ — 矢井田瞳

慎重になればなるほどすり減ってく本能
誰かの励ましも 歪んで消えてふりだし

孤独な閉じないドアがこっちを向いて
微笑んでいるわ やめてしまえばいいって

こびりついて仮面は 頭隠して尻隠さず
弱さを見せては かけひき上手

同じ空見てるはずなのに 二度と会えないような冷たい距離
夜になるとうずくのは 氷点下の傷跡
いっそ記憶の底まで さらってくれたらいいのに

ブラウン管の中から流れる博愛精神
見えないナイフが花の数ほど揃ってる
真実みたいな虚像が綺麗なリボン結んで
微笑んでいるわ 全部壊してしまえって

雲の隙間から こぼれる細い光かすかに
誰かこの心を 救い出してよ

同じ空見てるはずなのに 諦めては封じるつれない距離
朝になると滅びるのは 掴めそうだった安らぎ
いっそ今日の体温まで奪ってくれたらいいのに

会いたいわ 真っ白な声で 何も知らなかった頃に
戻れないわ 覗かないでいて 後戻りはできない

いくらこの手を伸ばしたって 悲しい距離は埋まっていかないまま
投げっ放しの期待ばかり 月を汚したのは一体誰
しみついた嘘はがせない 1、2の3で遊びましょう
私が泣いた涙で 別の未来を作りましょう