紅吹雪 — 真木柚布子

たとえば阿修羅の 明日でも
たとえば離れて 生きようと
あなたは私の 光です
この愛死ぬまで 忘れない
恋しい人の 倖せを
心ひとすじ 祈りたい
燃えて…燃えて…燃えて
吹雪 地吹雪 紅吹雪…
雪よ降れ降れ 命しんしん 雪よ降れ

たとえば地の果て 海の底
たとえば血を吐き 泣こうとも
涙の鎖を ひきずって
蛇身(じゃしん)となっても 愛し抜く
簪(かんざし)よりも 着物より
熱い想い出 あればいい
燃えて…燃えて…燃えて
吹雪 地吹雪 紅吹雪…
女咲け咲け 命めらめら 染めて咲け

燃えて…燃えて…燃えて
吹雪 地吹雪 紅吹雪…
雪よ降れ降れ 命しんしん 雪よ降れ