螢川 — 牧村三枝子

ことしの冬は長いっちゃァ
四月やいうとるがに
ため息まじりの千代の声
冷たい蒲団にもぐりこむ
胸にチラチラ燃えあがる
蒼い炎に目覚めたら

雪が舞う さらに舞う 風を誘ってまた舞い落ちる
螢は出よるやろか 螢は降るやろか
銀蔵爺の銀蔵爺の おとぎ絵眩ゆい 螢川

寒うないがか重竜は
夜汽車の網棚から
鴬色した外套を
降して凍えた膝に置く
そして何年経ったやら
今も聞こえる三味の音

糸が鳴る さらに鳴る 否もっととまた撥叩く
越前岬は今も 昔のままだろか
男と女の男と女の 哀しみ織りなす 螢川

糸が鳴る さらに鳴る 否もっととまた撥叩く
越前岬は今も 昔のままだろか
男と女の男と女の 哀しみ織りなす 螢川