幽霊船に乗って — 熊木杏里

電話が鳴った 過去から鳴った
友達にさえなれないままの
好きだった声が電話を這った
もう忘れたと言えなくなった

にわかに私の体温が
あなたの温度になってゆく

さよならをした私だった
さよならをしたはずの恋だった
どうして今さら会いに来たの?
記憶の外の幽霊船に乗って

あなたはもうすぐ 故郷へ行く
二度と戻ってこないと言った
別れた時も同じだったね
夢に破れてしまったあとで

あの時 あなたが望んでた
私は自由じゃなかった

今ならきっと悲しいことも
あなたの前で笑ってやれるだろう
だけど私の悲しみを
今もあなたは知らないままなのよ

そこは冷たいところなのね
あなたの声が震えてる

さよならをした私だった
さよならをしたはずの恋だった
どうして今さら会いに来たの?
心残りの幽霊船に乗って