関門恋唄 – 港一郎

船が出航るたび 女は泣くわ
一人の淋しさ わかってほしい
海の男は 薄なさけ
呼んでも届かぬ 無情の波止場
未練が渦まく 関門海峡

潮の匂いを 残して消えた
つれない背中が 今夜も浮かぶ
深い眠りに なるはずが
女はだめなの 面影ばかり
浮かんで消えてく 関門海峡

海の向こうの さいはて岬
心の痛みの 捨て場所なのよ
誰がうたうか 恋唄は
涙を誘うわ 私の胸に
哀しく流れる 関門恋唄