風待草 ~かぜまちぐさ~ — 渡辺美里

薔薇や向日葵や桜でもなくて
君は小さな風待草
誰かといつも 争うのがイヤで
自分のこと 後回しにしてた

生きてゆくことが辛くても
冬の晴れ間から光はさす
涙の数だけ
自分を信じて時を待つチカラを持てたら
一輪ごと 春を連れてくるよ

ほのかに香るやさしい匂いの
君は小さな風待草
抱きしめられずに 壊れそうだから
この手のひら そっと温める

小さな願いもやがては
紅い実を結ぶ
頑ななイメージをほどいて
言葉に言葉を重ねても解りあえない日
一色ごと 春をつかまえるよ

生きてゆくことが辛くても
冬の晴れ間から光はさす
涙の数だけ
自分を信じて時を待つチカラを持てたら
一輪ごと 春を連れてくるよ