君がいたから — 清水翔太

君がいたから 歩いてこれた
ココロの隙間 埋めてくれてた
君がいない日々に願う事は
ただ、もう一度だけ 君に会いたいよ

いつものように君に手を振った
それが最後になるなんて思わなかった
あの時の背中本当は泣いてたのかな
僕はさよならさえ言えなかった

君を離したくなかった
できることなら
本当は謝りたかった
喧嘩した夜
受話器から聞こえる声は
かすれていた
君は僕を 呼んでいたのに

君がいたから 歩いてこれた
ココロの隙間 埋めてくれてた
君がいない日々に願う事は
ただ、もう一度だけ 君に会いたいよ

今更になって思い出すよ
僕は君を困らせてばかりいた
そんな僕でも君の笑顔を見ると
素直になれたんだ 初めてだった

君を好きになって良かった
思えば思うほど
君を離したくなかった
悲しくなる
君は僕の全てだった
もうこれ以上 愛せる人は いないと思う

君がいたから 歩いてこれた
悲しい時も笑ってくれた
君がいない日々はとても空っぽで
叫びたいくらい 君に会いたいよ

君が僕にくれた言葉に偽りはなかった 本物だった
あんなに愛したのに 愛されたのに
失う日が来るなんて

君がいたから 歩いてこれた
ココロの隙間 埋めてくれてた
君がいない日々に願う事は
ただ、もう一度だけ 君に会いたいよ

君がいたから 歩いてこれた
悲しい時も笑ってくれた
君がいない日々はとても空っぽで
叫びたいくらい 君に会いたいよ

会いたいよ…