月の舟 — 池田聡

もしも涙 あふれたら
この胸に押しあてて
二度と恋は 出来ないと
自分を憎まないで

思わず抱きしめて 鏡の様に
君だけの輝き 映してあげたい

夜を渡る 月の舟
このままさらわれて
心に降る 銀の糸
人を結ぶまで

髪を撫でた 指にさえ
想い出痛むくせに
無理にみせる微笑みが
せつなく僕を誘う

ふれてすぐ離れた 硝子のキスは
眩しくて脆(もろ)くて 胸を熱くする

愛に揺れる 月の舟
光の露に濡れ
みつめたまま 夢の鈴
優しく響くまで

夜を渡る 月の舟
このままさらわれて
心に降る 銀の糸
人を結ぶまで

愛に揺れる 月の舟
光の露に濡れ
みつめたまま 夢の鈴
優しく響くまで