ピンクの魚よ — 永井真理子

両方の手を 水槽にはりつけ
水中の鼓動を聴いてる
かじかんでいた 心の中をいま
のぞくよで 息を秘める

視界くぐり抜け 体曲げて踊る
ピンクの魚よ はるかに続く
エメラルド色の波に
帰る夢を見たりするの?

24時間 朝から朝になる
キスしたり 背中むけたり
それぞれの針 時計が動き出し
人生が始まり終わる

淋しくはないの? 愛はあるの? そこに
君をここから 放してあげたい
けれども外は もっと怖い
大きな水槽だから

ピンクの魚よ 君はいつでも
平和と戦争との はざまを泳ぐ
私なんだ