山の吊橋 — 氷川きよし

山の吊橋ァ どなたが通る
せがれなくした 鉄砲うちが
話相手の 犬つれて
熊のおやじを みやげにすると
鉄砲ひとなで して通る
ホレ ユーラユラ

山の吊橋ァ どなたが通る
遠い都へ 離れた人を
そっとしのびに 村娘
谷の瀬音が 心にしむか
涙ひとふき して通る
ホレ ユーラユラ

山の吊橋ァ どなたが通る
酒がきれたか 背中をまるめ
のんべェ炭焼き 急ぎ足
月をたよりに 枯れ葉のように
くしゃみ続けて して通る
ホレ ユーラユラ