FOREVER RAIN — 氷室京介

雨が いつか見た夢の跡を
静かに濡らしてゆく

脱ぎ捨てられた夏服の
なつかしいぬくもりがいま溶ける

あんなに
愛したはずのMEMORY

どこまで
苦しめばいいのか

FOREVER

誰も すくえない傷を抱いて
ひとりで息を止める

AH 残されたままの記憶
色褪せたアルバムにいま閉じて

どうして
愛するほど悲しい

どれだけ
涙がいるのか

FOREVER

雨は 限りなく降り続いて
優しい声も奪う

幻なんだと知りながら
なつかしい幸せにいま眠る