僕のものになればいいのに — 槇原敬之

恋に落ちてしまったのは
あの時振り返ったら
君がまだ手を振ってくれてたから

仕事もたのしくなってきて
寂しい気持ちも特にないのに
こんな時の僕を振り向かせた君

Kissに気をとられて
君はつないでおいた言葉の
リードを放してしまった
「恋人がいるの。どうしよう。」

僕のものになればいいのに
抱きしめるだけ遠くなって
僕のものになればいいのに
はなれれば はなれるだけ
近くに感じるよ

彼にばれたらあなたはきっと
痛い目にあわされる
指のピストルを僕の頭につきつけた

「彼は強そうに見えるけど
本当はとても自信がないの。」
僕の指からタバコを抜きとって 吸った

T-shirtのすそから
入ってきた君の手はすこし
冷たいけど もうすぐ僕の
体温であたたかくなる

僕のものになればいいのに
抱きしめるだけ遠くなって
僕のものになればいいのに
はなれれば はなれるだけ
近くに感じるよ

こんなに悲しいのに
僕ら 笑ってる
無理もしてないのに
僕ら 笑ってる
強いもの同志の傷の舐めあい?

僕のものになればいいのに
抱きしめるだけ遠くなって
僕のものになればいいでしょう
はなれれば はなれるだけ
近くに感じるよ