不良少女白書 — 榊原まさとし(ダ・カーポ)

あの娘はいつも哀しい位
ひとりぼっちで部屋の片隅でうずくまってた
誰かが自分を救いに来るのを
じっと待ってるけど 誰も来ないと判ってる
人には黒く見えるカラスが
自分には白く見えてしまう
黒く見ようと努力したのに
人は大声で 聞いてくる
何故 嫌いですか 何故 好きですか
左ですか 右ですか
ああ聴こえない ああ届かない
自分の夢がわからない ああ

あの娘はいつも哀しい位
強がってみせるけど実はとても淋しがりや
時折 燐寸(マッチ)を摺ってはひとりで
涙こぼしながら また時々火傷をする
少し若さに思い上がり
転がる方が楽だと覚え
本当はとても優しいくせに

すねて見せるだけの意地っ張り
何が正しくて 何が嘘ですか
100じゃなければ 0ですか
ああ聴こえない ああ届かない
自分の夢がわからない ああ

自分に正直に生きるなら
風に逆らって生きるのなら
居直る事が 勇気だなんて
自分に甘えるのは およし
何故 嫌いですか 何故 好きですか
左ですか 右ですか
ああ聴こえない ああ届かない
自分の夢が わからない

何が正しくて 何が嘘ですか
100じゃなければ 0ですか
ああ聴こえない ああ届かない
自分の夢がわからない ああ