ダイニング — 植田真梨恵

ねえ ねえ きこえてる
また わからない言葉 話してる
浮かんでは 消えてく
どうしてこんなに 夜が長いのかな

優しい 朝に 溶かした ミルクの海で
ふたり 境目をなくした

果ては見えない 霧の中
役割りを探している
代わりのいない
何もかも 失くしても 選んでほしい
ねえ ねえ きこえてる
まだ ここにいるための意味 探してる

ねえ ねえ 覚えてる
重いドア 古びて錆び付いた鍵穴
ぶかぶかのこころじゃ
思い通りに動かなくて 泣いたのかな

小さな頃に覚えたふしぎな呪文は
ただの言葉に変わってた

何もできない 部屋の中
安らぎを探している
間違いのないことだけを
手に取るには いつ気付けばいい
ねえ ねえ きこえてる
まだ ここにいるだけの理由 探してる

正当な評価をだれがつけるの
これが愛だと君は言えるの
何になれたらここにいてもいいの

行くあてのない情熱は さまよって
冷たくなった
また優しさに出会えたら
この声は届くのかな
果ては見えない 霧の中
役割りを探している
代わりはいない
何もかも 失くしても 選んでほしい
ねえ ねえ きこえてる
まだここにいるための意味探してる