若すぎた恋 — 森高千里

潮風は冷たいけど 夕やけがとてもきれい
涙がこぼれてきそうよ
思い出がよみがえるわ あなたときた秘密の海
去年の夏の恋ね
1人暮しはさみしい 少しは慣れてきたけど
毎日電話が友達
苦しい時はあなたに そばにいてほしいと思う
それがほんとの気持ち
今は同じくりかえしの 生活が続いている
あの頃にもどりたい

若すぎたの私は あの恋が実るには
こわれそうな胸 抱きしめてくれたけど なぜか
若すぎたの私は あの恋が実るには
あなたの気持ちが ささえきれなくて

あなたにはいえないけど お母さんがかわいそう
泣きだしそうな目がつらい
さよならがいいだせずに
うつむいてばかりでごめん
おこってるでしょ 今も
きっと 今度逢える時は もっと大人になって
あなたの腕の中へ

若すぎたの私は あの恋が実るには
こわれそうな胸 抱きしめてくれたけど なぜか
若すぎたの私は あの恋が実るには
あなたの気持ちが ささえきれなくて