玉ねぎむいたら… — 桜田淳子

玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ
涙がこぼれて困るの 止まらないの
だけど涙がほほをぬらしていると
変ね私は センチになって来た
幼い日 夕焼け もう遠い人など
玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ

玉ねぎコトコトきざんで 日暮れ時よ
涙が一粒こぼれて 床に落ちた
今は泣きたいことは何もないのに
変ねなぜだか 泣きたくなって来た
友だちや先生 あの人の言葉よ
玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ

これは玉ねぎむいて出た涙なの
変ね心も 涙に誘われる
あの時の青空 過ぎ去った季節よ
玉ねぎむいてるだけなの 泣いてないわ