黄昏 — 栗田けんじ

淋しいわけじゃない ただ海が見たくて
ひとり立たずむ 日暮れのベイ・サイド
ふいに思い出した おふくろの掌
かわりないだろうね 電話ひとつせず…
風の街で 夢追いつづけ
潮の匂い 忘れかけてたよ
今夜は同じ 月を見て ふるさと想う

忘れたわけじゃない あの白い砂浜
いつもむじゃきに はしゃいだあの頃
今も胸に残る がんばれの一言
みんなすばらしい 俺の仲間達
風よ夢よ 何年過ぎた
めぐる季節の 都会の海で
ほろ酔いながら 今日もまた ふるさと想う

風よ波よ 母なる海よ
山よ空よ 父なる大地よ
今夜も同じ 夢を見て ふるさと想う

今夜も同じ 夢を見て ふるさと想う