星のない夜へ — 林原めぐみ

眠れない夜には ひとり車を飛ばして
もう戻れない 心の行方捜すの
風向きが変われば 薄着の肩がせつない
ねえ そんなに きっと私強くはなかったのに

暁の空が 私をつかのま少女にさせて
つないでる指から 恋がひとり歩き
2年前ならね 少しは大人ぶっていたから
あなたのこともっと 距離をおいてみてたはずよ

だけど 言葉じゃなくて 理屈じゃなくて
偶然のきらめきね
傷つくことを 予感しても 誰にも止められない

星のない夜には ひとり彷徨う想いが
もうどこまでも 私をひきとめるから
潮風のにおいに あなたがよぎってくけど
不思議ね 今 深呼吸でみんな忘れられそう

フロント・グラスに光が低く飛んでゆく頃は
FMもブレイク 闇が包みこむわ
同じこの道を あなたと笑って駆け抜けたね
手を伸ばせば 届くほどに まだ胸に熱くて

何を探していたの 求めていたの
だけど確かなことは
違う誰かに なりたかった あの日の私がいる

星のない夜には ひとり車を飛ばして
もう果てしなく 明日を見つけたいから
心で叫ぶのは なによりほんとの私
不思議ね 今 深呼吸でみんな忘れられそう