end roll — 松たか子

こんなにも僕らは歴史を刻み
時間さえ忘れてはしゃいでたね
制服の写真のアルバムの中
あの頃の笑顔は止まったまま

あれからいくつ春が過ぎ
何かを避けて語り合い
あなたは黙って
この部屋を去っていった

愛したこと愛されたこと すべてが思い出になる
さよなら告げたその訳は この雪に隠れたまま

毎日に追われて傷付いた時
ただ側にいて欲しいだけだったのに

素直になれたその後で
あなたの気持ち知らないで
二人の時間を
あとまわしにしていたんだ

思い出から卒業する 幸せを祈ってる
誇れる僕になるために 愛せるようになるために

思い出から卒業する 幸せを祈ってる
誇れる僕になるために 愛せるようになるために

愛したこと愛されたこと いつまでも終わらない
僕らのページは二つに なったそれだけの事