異邦人 — 春野寿美礼

子供たちが空に向かい 両手をひろげ
鳥や雲や夢までも
つかもうとしている
その姿は きのうまでの
何も知らない私
あなたに この指が
届くと 信じていた

空と大地が ふれ合う彼方
過去からの旅人を呼んでる道
あなたにとって私
ただの通りすがり
ちょっとふり向いてみただけの異邦人

市場へ行く人の波に 身体(からだ)を預け
石だたみの街角を
ゆらゆらとさまよう
祈りの声 ひずめの音
歌うようなざわめき
私を置きざりに
過ぎてゆく白い朝

時間旅行が 心の傷を
なぜかしら埋めてゆく不思議な道
サヨナラだけの手紙
迷い続けて書き
あとは哀しみをもて余す異邦人
あとは哀しみをもて余す異邦人