愛の唄 – 新選組リアン

誰が僕を愛してくれて 僕は誰を愛せばいいのか

空を飛びたかった (飛びたかった) 大きな空を
自由に飛びたかった (飛びたかった) 僕は行くんだ (もうすぐ行くんだ)

夢と現実の間でとまどった17の夏 親を安心させたくて 机に向かってた
やりたい事があるんだよ 本当はここじゃない
自由なんて 誰のための言葉とつぶやいた oh

誰が僕を愛してくれて 僕は誰を愛せばいいのか
誰が僕を必要として 僕は誰を必要なのか
風の音を聞け 目を閉じて 耳を澄ませてごらんよ
ほら、ほら聞こえてくるよ 愛の唄

夢を叫びたかった (叫びたかった) 大きな夢を
自由に生きたかった (生きたかった) 僕は行くんだ (約束のあの場所へ)

子供の頃あの山の向こう側に行ってみたかった
日が暮れるまで自転車をこぎ続けていた
幼いあの頃のほうが たどり着けると信じてた
空を飛ぼう でかい空に 全てが見えるまで oh

誰か僕に勇気をおくれ 僕は夢を追い続けるから
誰か僕を信じてほしい 僕はずっと孤独なのかい
風の音を聞け 目を閉じて 耳を澄ませてごらんよ
ほら、ほら聞こえてくるよ 愛の唄

僕の心の中は 少年のままだ
心震えるまま 大人になるんだ
涙流し ときめき少年のまま
もっと強く (もっと強く) もっと高く (もっと高く)
飛び続けるのさ

誰が僕を愛してくれて 僕は誰を愛せばいいのか
誰が僕を必要として 僕は誰を必要なのか
誰か僕に勇気をおくれ 僕は夢を追い続けるから
誰か僕を信じてほしい 僕はずっと孤独なのかい

風の音を聞け 目を閉じて 耳を澄ませてごらんよ
ほら、ほら聞こえてくるよ
愛の唄 愛の唄 愛の唄 愛の唄 愛の唄
愛の唄