嫁に来ないか — 新沼謙治

嫁に来ないか ぼくのところへ
さくら色した 君がほしいよ
日の暮の公園でギターを弾いて
なぜかしら忘れ物している気になった
しあわせという奴を探してあげるから
嫁に嫁に来ないか
からだからだひとつで

嫁に来ないか ぼくのところへ
財布はたいて 指環買ったよ
たんぽぽを指にはめ よろこんでいた
あの頃と同じよに 笑ってくれるかい
傾いたこの部屋も 綺麗に片づける
嫁に嫁に来ないか
からだからだひとつで

真夜中のスナックで 水割りなめて
君のことあれこれと考えているのさ
しあわせという言葉 ぼくにはキザだけれど
嫁に嫁に来ないか
からだからだひとつで