Sweetie — 折笠富美子

ひきよせられてく 僕らの引力

水玉の波が押し寄せて はぐれないように追いかけ
人魚のベンチにたどり着く 無垢な君の笑顔
右側のfantasy

生まれて初めてっていうわけじゃないのに
生まれて初めての胸のvivace

見つめる瞳 喜び 秘め
はにかんだかわいい頬
上気している間に間に 心の奥にまっすぐ
架かる核心への虹

手をとり気分はまるで『姫!』
夢を見ている心地で
迷っている間もなくて 驚くほどあっけなく
恋に落ちてしまったらしい

ストライプの舟近づいて 乗り込んでみる僕ら
手をつなぎ何も話せずに 照れ隠し横向く
体温のinnocent

忘れているからっていうわけじゃないのに
思い出した胸の高鳴るkanon

ふれ合う視線 嬉しさ 秘め
にぎりかえすかわいい指
背伸びしている間に間に つま先立ちの君へと
重なる僕のフレーム

手をとり気分はまるで『姫!』
踊っていたい心地で
願いを叶えるようにそして優しく委ねて
恋をしている君と 二人

見つめる瞳 喜び 秘め
はにかんだかわいい頬
上気している間に間に 心の奥にまっすぐ
架かる核心への虹
手をとり気分はまるで『姫!』
夢を見ている心地で
迷っている間もなくて 驚くほどあっけなく
恋に落ちてしまったらしい