短いかも夏 — 所ジョージ

暑い陽ざしに葉っぱもやけて 夕立を待つ枯れそなトマト
僕の夏は春先の頃 重なりはじめたと ひとりごと
赤トンボ雲にかくれ ひぐらし遠くで
夏のはじめのつややかな日々を もう来年まで待とう

僕の夏は終わりに近く これからでしょうとヘチマのつるが
いきおいあまってあてもないのに 風にゆれては空に向う
黄色い花はいくつあるの そんなに食べないよう
夏の終わりのつまらない午後に そう 水まきでもしよう

テレビはいまだに戦後の事で 反省したり求めてみたり
さぁみなさんもと言われなくても 一人一人の心の中
川遊び楽しかったネェ テントはワンタッチ
しまう時にグリンとなってたためないネ そう 力ずくでしまおう