沈む夕陽も 紅(くれない)の想いを残す あかね雲私の心は 風になり後を追うのを あなたは知らない街も牧場も 照らす陽の心を花が 知らぬよに日暮れてテラスに しぼむ花露を宿すを あなたは知らない姿見送り 投げる身をいだくは 暗い夜ばかりもだえて波打つ 黒髪にかげるうれいも あなたは知らない
あなたと二人で来た丘は港が見える丘色褪せた桜唯一つ寂しく咲いていた船の汽笛咽(むせ)び泣けばチラリホラリと花片(はなびら)あなたと私に降りかかる春の午後でしたあなたと別れたあの夜は港が暗い夜青白い灯り唯一つ桜を照らしてた船の汽笛消えてゆけばチラリチラリと花片泪の雫できらめいた霧の夜でしたあなたを想うて来る丘は港が見える丘葉桜をそよろ訪れる潮風浜の風船の汽笛遠く聞いてウツラトロリと見る夢あなたの口許
君待てども 君待てどもまだ来ぬ宵 わびしき宵窓辺の花 一つの花蒼白きバラいとしその面影 香り今は失せぬ諦めましょう 諦めましょうわたしはひとり君待てども 君待てどもまだ来ぬ宵 朧(おぼろ)の宵そよふく風 冷たき風そゞろ 身に沁む待つ人の影なく 花片(はなびら)は舞い来る諦めましょう 諦めましょうわたしはひとり君待てども 君待てどもまだ来ぬ宵 嘆きの宵そぼ降る雨 つれなき雨涙にうるむ待つひとの音なく
星を数えた この指で涙ぬぐうて とかすは紅よ泣かないで 泣かないで風にまかせて行けば あいてる夜の門面(おも)はやつれて 影深く閉じるまぶたに 浮かぶはあの日泣かないで 泣かないで恋もさらばよいとし笑顔も さようなら夢はやぶれて 夜(よ)は暗くみんな泣いてる バラック横丁泣かないで 泣かないで花を散らしてひとり占う 身の行方(ゆくえ)
恋にやつれて 泣かされて弾けばギターの トレモロも咽(むせ)び泣くよな 花の雨今度逢うのは いつの夜逢うた嬉しさ すぐ消えて淋しい別れの いま続くほせど冷たき さかずきにやさし君さえ 疑いぬつぼのすみれも うなだれてきくや涙の セレナーデ雨よふれふれ 夜をこめてあわれ身をやく 恋心
遠くの沖で汽笛が咽(むせ)ぶ 夜霧が青いこの儘(まま)で この儘でどうなることかしらあなたは愛しているかしらわたしを想うているかしらああ 今宵も霧が降る沁々(しみじみ)淋し砂丘は白くかなしく悩むおんなの胸かこの儘で この儘でどうなることかしらあなたは愛しているかしらわたしに帰ってくるかしらああ 今宵も波が泣く黒髪佗し
強く吹いても 情がしみる風が咲かせる 紅椿いちど開けば ほころべば芯の芯から 燃えて咲くそして ああ 君の御胸(みむね)を飾れたらいとし悩みの 愛の花弱く吹いても つれない心風が散らせる 紅椿ひとり散る夜は 星影もおぼろおぼろの つゆ涙そして ああ 甘い夢さえ消えてゆくいとし悩みの 愛の花
青い夜霧が 身に沁むキャバレー媚(こび)は売っても 売らりょうか心甘い小唄や すんなり腰に惚れりゃ危い 命取り何(なに)がほしいの 欲しけりゃやるさ港女は 気短かものよ恋もお金も 潮風(しおかぜ)まかせ明日(あす)は あしたの風が吹く酔えば極楽 覚めれば地獄承知しながら 流れる涙歌い踊れど 長びきゃ恋もいぶる未練な 煙草(モク)だとさ
燃えてかなしや 緋縮緬(ひぢりめん)わが身にわが身が 分らない甲斐ない恋と 知りながら命をかけて 好きな人惚れていながら 惚れてると云わずに辛棒 し切るのもおまえのためと 眼に涙さみしくともす 掛け行燈(あんどん)すがりつきたい 雨の夜は新内流しも にくらしい江戸ッ子なのが しんみりと口惜しくもなる 雪の肌
青い海に 白い船今日も見えるけど恋し姿 何故か見えぬ待てどまだ見えぬ独り占う カードを棄てて遥か彼方の船を見て 涙流したの月の港 白い船灯り点るけど恋し姿 見えぬ宵は心闇(やみ)なのよジャズが過巻く キャバレーの中で苦いお酒に酔いしれて 泣いて歌ったの霧の港 白い船今朝はもう見えぬ恋し姿 待てど待てど到々来なかった晴れぬ心を 閉ざしたカーテン独り窓辺に頬ついてすすり泣いてるの
旅路の果ての つばくらめひとりやつれて 泣いているああ あの人は雪の荒野か 南の島か待ちわびて 待ちわびて乳房を抱けば この身が細る港の夜の 赤い花涙こらえて 咲いているああ あの人の声が聴こえる 吐息が迫る待ちわびて 待ちわびてひそかに開く 花びら哀し
霧の夜は港も暗いひとり待つわたしの心にもしのび入る波止場の夜霧波の間にゆらめくランタンはあの夜(よる)の夢の名残りかそゞろ吹く風にはかなく消え残るは幻むせび泣く小浪(さざなみ)あゝ 霧の夜はせつなやなげきの幻君よ 今宵はいづこに夢を結ぶ
霧にかくれていつまでも君を待つ夜の 街の角あゝ知っているのは 柳だけ胸にいつまでも 消えないかなしいあの言葉グッドバイ グッドバイ霧に濡れてる 飾り窓君の名を書く 細い指あゝ知っているのは 妾(わたし)だけ胸にいつまでも 消えないやさしいあの言葉グッドナイト グッドナイト霧に溶けゆく 七彩(なないろ)の君はネオンか 恋の虹あゝ知っているのは 貴方だけ胸にいつまでも 消えないさみしいあの言葉グッドバ
バイバイさようならネオンが燃える並木路木蔭に佇む影一つけれど誰をも待つじゃない私は独り 独りぼっちだけれど誰も知らない夢があるさよなら銀座よ さようならバイバイさようならネオンがにじむ夜の霧かくした涙のカクテールけれど誰をも恨まない踊りを終えて みんないないけれど独り抱いてる夢があるさよなら銀座よ さようならバイバイさようならネオンも消えた屋根の下未練を残した唄の声けれど誰かが泣いている淋しい夜空
あの人は行ってしまった海の彼方へわたしに残したのはさようならと言う言葉だけあの人は海の男 わたしは陸の女しょせん別れる 運命(さだめ)でしたあの人と共に暮した楽し思い出よわたしは胸に抱いて消えた面影慕うだけあの人は強い男 わたしは弱い女しょせん届かぬ 願いでしたそれでも妾(わたし)は霧に濡れ今宵もひとり待ってます港のかもめよ 泣かないでおまえはみんな 知っている