hug — 平井堅

目隠ししてもわかる 君の首筋の匂い
後ろから抱きしめて 2人でテレビを見て

きっとこんな時間が 僕を大人にしてきた
だけどそんな時間が 僕を子供にもする

君のそばで あたためて 他に何もいらないから
とろける様な キスを重ねて

明日なんて来なくていい この香りに酔いしれたい
1つになりたい 心まで

君の背中に僕の 鼓動を押しつければ
言葉よりほら早く 伝わるねこの想い

そっと君を包み込む 心地良いソファになりたい
熱い君の耳たぶを この頬で感じながら

君のそばで 夢を見て 他に何もいらないから
この部屋中 キスで満たして

このまま時が止まっていい この安らぎに甘えたい
1つになりたい いつまでも

君のそばで あたためて 他に何もいらないから
とろける様な キスを重ねて

明日なんて来なくていい この香りに酔いしれたい
1つになりたい いつまでも