WHITE — 川嶋あい

落書きの夢 ひび割れた街 水溜りに映る僕
曲がりくねった道の途中で歩み遅めて立ち止まってみたよ
孤独はまだ今日と明日の間に潜んでいるらしい
生きる事と思うように生きる事にはちょっと距離があるよね

もう一度あの場所に帰ろうよ 夢の痛み感じていた場所
淋しさが幸せを支えた そんな何もない日へ帰ろうよmyself

一つのものが見えるまでには時間がかかるものだよ
Giveの裏には少しのtake 期待しすぎていつも空回る

傷ついたりつまずいたり 僕らは弱い生き物さ
答えを探すのではなく答えを今すぐに作りに行こう

もう一度あの場所に帰ろうよ 愛を信じ泣き濡れた場所
飛び方忘れた天使のように空に憧れていたよ うらやむほどに

してあげた分だけの報酬が欲しいんでしょ
わかってる 見返りのまなざしだってこと
きりがない愛がない夢もない 忘れていく白さ

社会というものさしじゃなくて僕という不器用な翼で
飛んでみたいんだあの青空 そうさ進路を変えて

もう一度あの場所に帰ろうよ 空疎なくらいまっさらな場所へ
半端なままの夢地図を今 僕の両手で強くぬりつぶしていこう
myself la la…