宇宙の片すみ — 岡村孝子

あなたの肩にもたれて燃える夕日を見つめた
煙草の匂い 静かな吐息 確かな時間
広い宇宙の片すみ 同じ記憶を生きてる
あなたに会えた奇跡を抱いて旅を続ける
いくつの波しぶき ほほをかすめて
帰る場所も今は遠く見えないほど
せつない風に吹かれて闇に迷った時にも
あなたの声をたよりに空を見上げる

めざす明日の彼方に何があるのか知らない
広がる大地 永遠の海 失くした気持ち
いつかの約束をそっとしまって
かなうすべてのこと胸に灼きつけたい
やがて陽ざしが傾き深い静寂(しじま)におちても
あなたの声をたよりに旅を続ける

せつない風に吹かれて闇に迷った時にも
あなたの声をたよりに旅を続ける

あなたの声をたよりに旅を続ける