プラチナとダイアモンド — 山本潤子

ショーウィンドーが夏めいて
舗道にはカップルばかり
聞いて 彼は大事な記念日を忘れたまま

ヨットの仲間と今ごろは 潮風 吹かれてる
彼には内緒よ きょうこそは
プラチナとダイアの指輪
買うから 付き合って

すべて知ってる 共犯者
あなたと私は いつも
話すことで見えるの プライドも頼りなさも

流れてく時は誰もみな大人にするけれど
世界中の海つれてくよ……
‘TIFFANY’でランチはどう?
陽射しに負けないで

ときめきはきっと これからを信じることだから
ほんとね あなたの言うとおり
プラチナとダイアモンド
男と女って