花火 — 山崎まさよし

きらめいた季節の終わり 思い出は揺れていました
置いてけぼりの約束が ひりひりと胸に沁みます

君の涙から目を逸らしてまで夢中で追いかけたものは
どこへ行ったのでしょう

ほのかに浮かんで消えてく あの遠い場所の花火は
はかない輝きに永遠を閉じ込めてゆく
若いあの日の間違いも 去りゆく人の夢も
静かに眠りにつくように

思えばついこないだの話 だけど今よりずっと昔
容赦のない夏の日差し じりじりと照りつけました

持て余していた時間の中で やがてくる未来だけは
疑いもしなかったけど

映画のエンドロールのように夜空に映る花火は
ほろ苦い青春を心に蘇らせる
愛した人の面影をそっと胸にしまって
またいつか帰れますように

鮮やかに咲き誇り いずれ終わる花火は
喜びも悲しみもまぶたに焼き付けてゆく
若いあの日の過ちも 去って行った人の夢も
静かに眠りにつくように