灯りを消す前に — 山崎まさよし

眠る前に一つだけ
確かめておきたいこと
一日が終わるときに
灯りを消す前に

目を閉じた暗闇に
君の姿映ればいい
何気ない言葉でも
僕だけに響けばいい

たとえば今日という日に
少しの寂しさ残したとしても
僕らの選んだことが
本当はどこか間違ってたとしても

もし心病めるときも
同じ痛み刻めればいい
人波にのまれそうでも
君の手さえ離さなきゃいい

たとえば明日という日に
悲しみの影を落とすことになっても
確かに言えることは
ただ一つだけこんなに愛してる

眠る前に一つだけ
確かめておきたいこと
灯りを消す前に
瞳を閉じる前に