君と見てた空 — 山崎まさよし

移ろいゆく街から見た めったにない澄み切った空
ここの暮らしにも慣れ始めた

信号待ちの交差点で 置き忘れた何かに気付いたけど
前に進んで行くことを選んだ

何処か身を任せながら
戸惑いながら 日々は過ぎるけど

どんなに遠く離れて行っても忘れないよ
あの日君と見てた空を
待ちきれない思いでただひたすらに僕らは
ずっとその先を見ようとしてた

プラットホームの人ごみの中 知らない人に道を聞かれた
ほんの少し前の僕みたいだ

地下鉄の乗り換えは分かるけど うまく説明も出来るんだけど
自分が向かう場所は何処だろう

なにか大切なものを
見落としてるのか いつも気になるけど

何処までも限りなく続いてくこの空が
教えてくれてるはず
持ちきれない夢のいくつかを預けたんだよ
あの日君と見ていた空に

どんなに遠く離れて行っても忘れないよ
あの日君と見てた空を
待ちきれない思いでただひたすらに僕らは
ずっとその先の
持ちきれない夢のいくつかを預けたんだよ
あの日君と見ていた空に