お家へ帰ろう — 山崎まさよし

目一杯 溢れそうな気持ちを使い果たしたら
精一杯 強がっても 一人ぼっちに挫けたら

お家へ帰ろう シチューを作ろう
窓から漏れてく白い湯気が
星屑の隙間を埋めてく

お家へ帰ろう シチューを食べよう
ほんの少しだけ 手間かけて
この想いいつか雪になれ

暮れてく 街角にちょっとずつ明かりが灯ったら
冷たいつむじ風で 月も涙で滲んだら

お家へ帰ろう シチューを食べよう
それぞれの願いが 温ったまって
冬の空に立ち上ってゆく

お家へ帰ろう シチューが待ってるから
ほんの少しだけ 手間かけて
思い出はやがて雪になる