ひにくなジョーク追いかけるのはもう おしまいにしましょう頬杖つく ふたりのドラマワインに揺られて春の予感 そんな気分時を止めてしまえば春に誘われた訳じゃないだけど気づいてIve been mellowグラス越しに あなたの視線感じて 心波立つ今なら素直に あなたの胸に飛びこめそうなの春の予感 そんな気分いつもと違うでしょう春に誘われた訳じゃないだけど 気づいてIve been mellow春の
ちょっと 走りすぎたかしら風が吹いていったわやっぱり頭のうえは ブルースカイたった今 気づいたの今日のあなたに似合ってるいつもとおんなじ口笛あっ 気持ちが動いてるたった今 恋をしそうダイヤルしようかなポケットに ラッキーコインノートに書いた テレフォン・ナンバーたった今 気づいたの今日のわたしに似合ってるショーウィンドウにうつった街あっ 気持ちが動いてるたった今 恋をしそうたった今 気づいたの今日
レインコートに 姿かくしても今日の雨は とても冷たい恋人たちが 肩をならべて雨の中に 消えてゆくの明日の朝 旅に出るわみなれた町が つらいから行くあてのない 手紙のようにひとりさまよい つづけたい線路づたいに 歩いてゆけばやさしい町に つくでしょうか朝がくるまで この町で雨の音を きいているの明日の朝 旅に出るわみなれた町が つらいからひとりぼっちで やりなおしたいきっとそれまで 帰らない明日の朝
叱られちゃう見つかるわ あなたは誰?誰なの?愛すること教えてね恐いけれど平気よ“舞夢”舞夢もう少し待ってて舞夢舞夢息が切れるわきれいな花をつんであげましょうI love them flowers Mom震える愛で満たしたならhurry hurry upあなたはきっと気づくわもうすぐよね 舞夢妖精みたいにガラスのBlue eyesお人形たいせつなのジュリエットぶあつい本は苦手だわだってすぐに眠くなる
ロミオとジュリエットそんな日々も 今はそうただのふたり……穏やかな Swingあなたの肩好奇心ほんの少し揺らしてる頼もしく舟みたい大きな 白い帆をなびかせてどんな嵐にだって負けない届いてる 届いてる暖かな視線は春きらびやかな言葉はううん 無くていいの窓を開けて 星を招く想い出はまだ悲しい色をしているけれどいつの日か凍えた心が融けるようにやがて芽生える季節待ちたい新しい生活の始まりを告げるように不器
はらはらさせてごめんねいいこでなくてごめんね浮気ぐせはなおらないのよ夜風が甘いだけでも祭が近いだけでもからだ中が燃えてしまうのたいくつな時は死にそうになるのよ突然悪いささやききこえ私はあなたを捨てて 捨ててしまうきりきり舞いであなたの人生さえも狂わせ悪いことをしたと思うわはらはらさせてごめんねいいこでなくてごめんねだけどそれが魅力なのかも油断をしたらするりとどこかへとんで行きそうだから強くつなぎと
お気に入りの唄 一人聴いてみるのオリビアは淋しい心 なぐさめてくれるからジャスミン茶は 眠り誘う薬私らしく一日を 終えたいこんな夜出逢ったころは こんな日が来るとは思わずにいたMaking good things betterいいえ すんだこと 時を重ねただけ疲れ果てたあなた 私の幻を愛したの眠れぬ夜は 星を数えてみる光の糸をたどれば 浮かぶあなたの顔誕生日には カトレアを忘れない優しい人だったみ
あなたに呼び止められた時夢かと思った息が止まるかと思ったポストに入れられぬ手紙が机の引き出しひとつ 置き去りになってるゆうべ見上げた空 その時にながれ星うるむ瞳の中 ウインクして消えたのううん なんでもない 泣いちゃいないただ うれしいだけよだから流れ星と そして あなたあなたが好き放課後のベンチには夕映えがふたりを揺らすのどうか こわさずにお願い゛送って行くよ″と照れ笑いわがまま言わせて今日は遠
革のカバン ひとつだけなのあなたの記憶が唯一の地図よ空が金色に 染まる時それまでにきっと約束の Sunset夢よ いかないでPlease dont take my dream強い風が吹く丘で少年の頃に見た夏に逢える…いいえ 笑ったりしないけど大きな背中のあなたは Boy赤いスニーカーはいたのにどうして あなたに追いつけないの時よ いかないでKeep me,
優しいうそなんか つかないであの人が誰かと遠くへ去くのなら伝えて「鍵は捨てないで」と一年だけ待ってる 一人であの日の花を飾り夜を駆ける 星を巡るあなたへ 蒼夜曲幻でいい 聞こえるでしょう熱い 蒼夜曲迷路の果てを誰か教えて下さいMy love. さまようテーブルが涙に変わってくはじめての出逢いやカードを贈ったこと瞳の奥は蒼い走馬燈浮かんでは消えて行く幻 また一つこわれたの夜を駆ける 星を巡るあなたへ
取り上げるわ いけない腕時計をほらまたドギマギして くわえ煙草ねあなたは knock Down カウント聞いてるだけ反撃 待ってるのに ファイトが足りないずるい かわしてばかりじゃ一途な心も ひねくれちゃうから゛早く おとなになって″愛してるって 言えないシャイなあなた危ない SOS! 目をそらすのねわたしは
貝殻たち 砂に並べ占うたび 揺れる波“責めないで”何度ここへ来たことでしょう子供じみた夏の幻影追いかけてDream?あなたの指が今私の肩を抱き寄せるWhy?さよなら告げに来たのにわたし…九番目の 波は高いさらわれてくそう、デジャヴュ感じてるああ…わたしはいつも海うつろいやすい愛胸にWhy?焼き付けてるのSummer Breeze熱い夏の風よTake Me!あれは遠い 遠い夢と呼びかけても応えない夏
Lady ためらいはしない小さな舟出ね ひき返せない冬の海風みたいな彼の腕のなか 埋もれたいからムーンライト どうかお願い 私 キレイにムーンライト 照らしてほしい 淡い光でカチカチと鳴る 耳で応える イヤリング何故か ときめく 約束の時間なのLady 足音聞こえる知らないふりして
からみついた心の糸すべてを今 解き放つの手の届く 所にいるあなたの瞳は 深い海の底空にも似た 背中見つめ遠い日々を 思い出すのたわむれに愛したひとの名前さえも話せるような気がするの愛をさすらう旅路はきっとあなたが 最後でしょう時には強く 時には優しく私を抱きしめて Heart & Hard傷心を かくしててもそんな時は さりげなく無造作に投げる言葉のひとつひとつ 心にしみるわ私は舟
ああ 胸の叫びが どうして聞こえない無数の星に 呼びかけてみてもねぇ 異国の夜は こんなに乾いてるひとしずくさえ 愛の形 見えなくなるAh,ah, 夜は fascinationWo,You are my Southern CrossAh,ah,
風の中 心揺らして誰か呼んでるわ不意にこみあげた想いに 立ち止まる踏みしめた土の確かさ何か伝えてる見失いかけてた夢の 形が見えてくる未来へと 駆けていく背中の羽は endless dreamEndless dream…淋しさに 震えた日々をきっと忘れないそして再び歩いた日を 忘れない恐れずに感じ続けたい見つめ続けたい涙に濡れた瞳にも明日が 映ると信じたい限りない 愛しさに継ながっていく endless
Walking in the Rain時のままにWalking in the Rain濡れながらWalking in the RainWalking in the Rain 肩から 雨の匂いが背中から 放課後の匂いがしたロッカーのドアを閉める音
愛すべき人がいるなんてステキなんだろうあなたの肩に重い荷物があるなら少しだけ 一緒に 持ち上げよう「信念」とか「正義」とかそんなムズカシイことじゃないあなたが笑うことがこんなに嬉しいと感じてしまうから一キロの道のりも三歩で行くから待っていてね wait for me守るべき人がいるなんてスゴイことだろうわたしの指ではまだあなたの涙を止められない だけども そばにいよう「完全」とか「無欠」とかそんな
Darling oh darlingNothing but a partyDarling oh darling知らん顔で 通り過ぎるゆうべのこと 怒ってるのね誕生日に くれた指輪大きすぎて 吹きだしたほんとは涙に変りそうで 照れくさくて大急ぎで 笑ったのよ今は ほんとに素直に言えるのかなり本気よ Love me!けんかなんて 久しぶりねピンクのワイン 乾杯しましょだけどあなた 忘れないで泣きたいほ
ロミオとジュリエットそんな日々も 今はそう ただのふたり……穏やかな Swing あなたの肩 好奇心ほんの少し揺らしてる 頼もしく舟みたい 大きな 白い帆を なびかせてどんな嵐にだって 負けない届いてる 届いてる 暖かな視線は春きらびやかな言葉は ううん
Moonlight さよなら もう夜が明けるSunrise 夜の静寂に朝が融け出す空のタペストリー 響き合う奇蹟の色Harmony HarmonyTwinkle 涙も宝石に変わるSomeday 痛みも懐かしい歌に融ける「そば」よりももっと「近く」で伝えてくれるまっすぐで かなり斜めで甘くて苦いあなたとOne Two Three A B CShout and Go 意味なんてなくったってFeel So
こぼれた 青い tearsにじんだの blue skyだけど どこからか 不思議なエナジー爪先が刻み出す 8 beatあなたの heart beatまちがいのない答案用紙よりはみ出したラインが 愛しくてたいせつな歴史だと 思える日もくる私のフィールド 走るためにRise
壊れかけたワーゲンのボンネットに腰かけて何か少し喋りなよ静かすぎるから海が見たいわって言い出したのは君の方さ降る雨は菫色 Tシャツも濡れたままwow wow Wednesday哀しみにも慣れたねいつも隣にいるから君はクスッと笑い顔とても綺麗だよさよならの風が君の心に吹き荒れてもただぼくは知らん顔続けるさ だって今日はwow wow Wednesday昔話するなんて気の弱い証拠なのさ傷つけあう言葉な
パラシュートにこの恋を賭けるわ20世紀遙かに消えていくタイムマシン 時間の海女だから 身を投げたいわ占う度 あなたが遠去かるのどうしてなの?カードにたずねたい運命だと 言われたってそんな言葉 信じないわI can loveYou can feelガラスの靴をわざと忘れたのよI can loveYou can feelクールにきめて シンデレララヴテレパシーおくるわあなただけ指先から 涙がこぼれそう
耳もと囁いてね赤いピアスが震えるわ月夜の浜辺には天使さえ舞い降りる気がするだから そっとそっとベールはがしてそして かくした心盗んであなたを愛したハートの色今夜の海の色やきもち妬かせたくて誰かのイニシャル砂に書くどうして笑ってるの?お見通しなら肩を抱いてねだけど ちょっと待って風が強いわそうよふいをつかれてみたいのあなたを愛したハートの色今夜の海の色だから そっとそっとベールはがしてそして かくし
からみついた心の糸すべてを今 解き放つの手の届く 所にいるあなたの瞳は 深い海の底空にも似た 背中見つめ遠い日々を想い出すのたわむれに愛したひとの名前さえも話せるような気がするの愛をさすらう 旅路はきっとあなたが最後でしょう時には強く 時には優しく私を抱きしめてHeart & Hard傷心をかくしててもそんな時は さりげなく無造作に投げる言葉のひとつひとつ 心にしみるわ私は舟 あなたは海熱い想い 
愛されてるって知ってる?いつでもあなたどこかで見てるそんな誰かの視線感じたことがきっとあるでしょ?“ぴぷぺぽぱ” 呪文さ“ぴぷぴぽ” 唱えりゃ“ぱいぴぺぷ” 身体に“あら?”“あら?”力が湧いてくる!あい あい あい僕は ウーパー ルーパーアンテナに飛び込んだあい あい あいお目にかかれてとてもうれぴいウーパー ルーパー心が踊るよ “そらぴぽ!”ウーパー ルーパー連れてってパラダイス“Lets get
何気ないドラマのはじまりのように風は nice vibrationきっかけをくれた“Nice to meet you”声をかけたいあなたの季節に陽だまりで遊ぶそばかすのうさぎ逃げ出さないで少しだけおしゃべりしたいな雲を見上げてるそばかすのうさぎ聞きたいことがうんとあるうんざりしないでぴく ぴく ぴくと耳を立てて世界中の news 集めている折れ耳うさぎとはにかみBunny恋しているってうわさはほん
山のてっぺんにある大きな虹の木に登るつもりなの麓は黄昏あなたが住んでいる気配感じてる一番星が見えてきたわ星盗人になれるかなトゥルル……Rainbow Tree登りましょうUp a treeStar dust を集めて夜へ投げるI love you, I love you呪文はただ“I love you”それだけなのSecret nightもうすぐ手が届く…… ほら!すっかり夜は更けて手強い相手だわ
私がいる この空の下に私がいる 両手を拡げてみるのみ込まれそうな 大きな都会(まち)が私の Merry go roundどこから来たの? 私 どんな色の絵筆で霧のキャンバスに未来を描いていくんだろうあきらめのいい涙 流した日はなかっただけど影が揺れてるのは武者震いってやつ涙のあとは虹のような恋が訪れるとやせがまんには私なりの美学があるのよ私がいる この空の下に私がいる 両手を拡げてみるのみ込まれそ