あめの日には静かな部屋で考えることも見つからないまま窓の雨粒、見てるだけ水滴の動きを、見てるだけoh...目で追う窓の外には雨に濡れたアスファルトが見える車が通るたび雨に濡れたアスファルトの上水をはじく音を奏でながら通り過ぎていくah...考えることが見つからない見つからない夢の中で気づいた言葉が思い出せない部屋の中で思い巡らして気づいてみたい確かめたいのは忘れたくないこと考えたいことは思い出せな
ねえ王子 神様はあなたを 見捨てたりしてないねえ王子 世界中はあなたを 敵だなんて思ってないねえ王子 当たり前のことよ 誰だってぶつかれば痛いのねえ王子 この苦しみは きっとあなたを幸せにするから気に入らない お気にめさないさんざん家来にやつあたりしてたじゃないもう気が済んだでしょ誰もいないとこにいきたいだんだん世界が遠ざかってってくのをもうみてられないわちょっとおやすみねえきいて 本当にアナタは
タントン タンタントン タントン タンタントンタントン タンタントン タントン タンタントン運動したわけじゃないのにものすごく疲れていませんか?タントン タンタントン タントン タンタントンタントン タンタントン タントン タンタントン変なプレッシャーかけられてものすごく疲れていませんか?タントン タンタントン タントン タンタントンタントン タンタントン タントン タンタントン明日のことを考えて
傷ついてだめだね キス好きね なでなでひとり呑みだめだね 私でも呼んでねいつも頑張ってる座ってる 時も気が張ってる上司からはノルマの調子どう?部下からは ノロマ!あの人トロいよ汗が湧いたワイシャツパタパタ これで乾いた?お疲れさま~インダハウスやすらぎインダハウス!疲れてる そんな時は 私ですがお呼びですか?やすらぎになりたいな 預かります つらい気持ち寂しくてだめだね 寝れないね なでなで落ち込
手弁当でまいります東にうつむく人あれば 飛んで行って肩たたき(トントン)西に泣いてる人あれば “うんうん、そういう日もあるよ”お腹が空いているのでしょう(グ~)いつでも駆けつけます 駆けつけます 駆けつけますあ、いえいえ! そんなこと気にしないで手弁当でまいりますおにぎり おにぎり ギュッギュッギュッおにぎり おにぎり ギュッギュッギュッ(そ~れ)おにぎり おにぎり ギュッギュッギュッおにぎり お
「たまはもうすぐ死ぬからね。マグロでもケーキでもあげましょう」わがやのたまは おとしよりみんなで甘やかそうって決めてはいたんだけどマグロを食べてる たまはまだ生きている近ごろなんだか 前より元気そうだたまが妖怪になったよ たまが妖怪になってるよお母さんたまを見てよ! しっぽが9本になってる「たまはもうすぐ死ぬからね。マグロでもケーキでもあげましょう」わがやのたまは 妖怪です そう言われてからもうず
好きになったらどうしましょう 嫌われてしまったらどうしましょう悩むよりも簡単に 好きになったらそうしましょう好きになったらどうしましょう 好きになったらそうしましょう南の島に行きましょう ずっと手を繋いでましょう好きになったらどうしましょう おいしいものいっぱい食べましょうそのまますぐに抱き合って眠れるのならそうしましょう好きになったらどうしましょう 好きになったらそうしましょう南の島に行きましょ
ご褒美はなんだろう?ほっかほかの 白いご飯今日はとっても 身にしみるああ 1日よくやった!ご褒美はなんだろう?あっつあつの いい湯だなあ今日はとっても 身にしみるああ 1日よくやった!ご褒美はなんだろう?ふっかふかの お布団が今日はとっても 身にしみるああ 1日よくやった!ご褒美はなんだろう?あの人の ひとことが今日はとっても 身にしみるああ 1日よくやった!
ゆらゆらゆら ゆられて行けばまあまあまあ なんとかなるよゆらゆらゆら ゆられて行けばまあまあまあ なんとかなるよさあ みんなで出発だところでここ どこだろう?私も分かんない! ねえ、海がきれいだよ~大型エンジンついてない一生懸命 漕ぐんですみんなで乗ろうよ ああ人生、迷子丸ゆらゆらゆら ゆられて行けばまあまあまあ なんとかなるよゆらゆらゆら ゆられて行けばまあまあまあ なんとかなるよそう 私が船長
大人でいるって とっても素敵隣の知らない人に 乾杯と内緒話「あの、お好きなお酒を、どうぞもう一杯だけ。今日は夜更かししませんか。誰も怒らないから」大人でいるって とっても素敵運命なんてもうなくて どこへでも好きなところへ「あの、この店を出たら、ちょっとそこの港まで酔い醒ましに行きませんか。船が光ってるから」私もあなたも、もう大人だから、どこかへ行くことも行かないこともできて、一緒にいることもいない
コーヒーくらい 自分でいれてよね洗濯物も 自分で片付けてねDVDも 自分で返してね私はあなたと違って ヒ・マ・じゃ・な・い!あなたはおんぶにダッコちゃん いつもおんぶにダッコちゃんなのもう少し 離れて歩いてよね朝からおんぶにダッコちゃん いつもおんぶにダッコちゃんなのあなたは おんぶにダッコちゃん「も~しょうがないなあ、今日だけだからね!」困ったときも 自分で考えて「すぐに電話してこないでよ…」 
ようこそ 元気なネズミさんたち一緒に ひなたぼっこしませんかあったかいとこ見つけるのが 得意ですワ・タ・シ ちょっぴりネコみたいなんですたまちゃん!ハ~イ たまちゃん!ハ~イたまちゃん!ハ~イ たまちゃん!ハ~イたまちゃんです ハ~イどうしてネズミさん 何かあったの?一緒に 探検ごっこしませんかみんな行けば 何があっても大丈夫ワ・タ・シ いっつもネコみたいなんですたまちゃん!ハ~イ たまちゃん!ハ
はい、来来軒の 私、猫です新宿路地裏に店はありますここは酔っ払いと それと時々どろんとした犬がやって来るけど目と目じゃ通じない 好吃ロ馬?猫吃飯目と目じゃ通じない 我愛イ尓!吃飯了!私は猫なので可愛がられます脂っこいものとかもらえるのですなのに犬ときたら 目を離してる隙に急にいなくなって 鍋になってる目と目じゃ通じない 好吃ロ馬?猫吃飯目と目じゃ通じない 我愛イ尓!吃飯了!そうやって時々 犬が来て
マジで簡単なコネクション下品な話ばかりねフラストレーションいつも散々なディレクションだったら自分でやるわディストラクション「私とにかく褒められたーい」って可愛い顔して彼女言ってたそれで他人に好かれて妬かれて嫌われる仕事してるんだけどもし普通に生きられたのなら、もっとちやほやされただろうにハイリスクな人生を選んだんだ?「危険を取れない奴らは沈め」嘘吐き続けアディクション訪れた時が終わりサティスファク
そんなに急に電話ひとつで呼び出されても困っちゃうなあなんてね、わざと口に出して言ってみたけれど 少し早歩き交番を横切って 踏切を渡った あそこのディスクユニオンへちょっと! レコードさくさくしている君 バイト行かないの?うつむいたまま くさくさしている君 何かあったのね?そんなに急に呼び出したわりに素っ気ないのね 困っちゃうなあこれが好きとか 何があったとか 音が良いとかそうじゃないでしょう?本当
どうして はじめはいいのにどうして 辛くなるんだろうどうして 好きなだけなのにどうして 私たちどうして わからないんだろうどうして 難しいんだろうどうして 同じじゃないんだろうどうして 私たち愛のさかあがり頭に血がのぼっちゃうどうして はじめはいいのにどうして 辛くなるんだろうどうして 好きなだけなのにどうして 私たち愛のさかあがり頭に血がのぼっちゃうどうして わからないんだろうどうして それもい
ジョーストラマー 手紙を書くのは初めてね私には神様みたいな人だからこの街にきてからの私 すごく変わったでしょ本は全部読んじゃった ひとりぼっちがよくわかる昼下がりのTV SHOWに あなたのニュースが出てるまた女の子泣かせたってもちきりよあの人はお気に入りのジョーク言うみたいに私だけにいつもいじわるをしてくるのでもね私 なんだかねあの人のことがとても好きよなんて言ってしまったならいまのままじゃ い
あっ、コミュニケーションをうまくとれない人この曲を聴いてね できるようになるかもでも ちがうかも ごめんなさいあっ、コミュニケーションをうまくとれない人喋り始める時 最初「あっ」って言う人あっ、私です ごめんなさいねえ もしも私がいつかすっかり懐いて 気さくに喋ってもばかにしない? 嫌わない?あっ、コミュニケーションをうまくとれない人喋り過ぎちゃう人 喋るの苦手な人でも 君の気持ちわかりますねえ 
さようなら先生 さようならあなたそれではここでさようならさようなら猫ちゃん さようならみなさんそれではここでさようなら泣かないで棺かつぐ男たち私を愛してたさようなら先生 さようならあなたそれではここでさようならさようなら猫ちゃん さようならみなさんここでお別れみたいです今日の日も陽が落ちていつものとおりさようなら先生 さようならあなたそれではここでさようならさようなら猫ちゃん さようならみなさんそ
友達はみんな やめなよって言うのバカだって あなたを好きになるなんて誰とデートしたとか付き合ってたとかそれ聞いて私 ただ笑ってたいつもお願いしているの次はもっと話せますようにきれいに着飾ってる時に偶然ばったり会えますようにでも振り向かない私に気づかない特別になりたいいつかでいいから友達はみんな やめなよって言うのバカだって あなたを好きになるなんて誰を泣かせたとか騙してたとか友達もあなたが好きだか
今日もステージの幕は下りて帰りの道の星 いつもよりもきれい気を付けて帰って 今夜はおやすみなさい今日もいろんなことあったけど また会えてよかった一緒に踊ったあのワルツを忘れないで今夜はおやすみなさい考えてしまう前に 眠りにつきましょう今日もステージの幕は下りて帰りの道の星 いつもよりもきれい気を付けて帰って 今夜はおやすみなさいおやすみなさいおやすみなさい
店員が笑ってるから 少し戸惑ったよこのカフェも変わったんだね 私達はどうなんだろうあの頃のここときたら 店員は無表情でたばこ吸っても怒られなくて 煙みたいな会話ばっかしてた「この間のパーティー最高だった」「横浜のバンドが人気だって」「深夜観た映画面白くてさ」「ねえ、この後 どこ行ってなにしようか」内緒でここで会った先生死んじゃったって 三年も前に店員が笑ってるから 少し戸惑ったよこのカフェも変わっ
誰かの言葉の 意味探してさフワフワ 浮かんだまま 迷ってる今見てた花だって ほんとは何色だった?赤青黄色紫ピンク波のように重なって はねかえってさまよって解けてく砂糖みたいなものさしぼんでく 風船みたいだゆっくりとささよなら 数えるのも やめてる夢はたとえようもない 色どりつむぎ出して私をいつも狂わせる何度でもまたたいて なんとなく心がうそみたいにきれいになるのさいつかの思い出取り出すたび何度も同