日向の恋唄 — 大石まどか

祭りのあとの 淋しさは
秋風しみる 虫の声
昨夜(ゆうべ)あんなに 燃えさせて
みやこへ行くと 消えた男(ひと)

誰かをつれて 帰ったら
三田井の岩で 取りおさえ
天の岩戸の おん前で
朝陽(あさひ)さすとも 離しゃせぬ

いつまで待てば いゝんやら
あんひと遠く 届かない
嫁に行くなと 言うんなら
死ぬまで鎌を 抱いて待つ

あんたのことが てげ好きやじ
あんたのことが てげ好かん
あんたのことが てげ好きやじ
あんたのことが てげ好かん…